記事一覧

カルティエ 心斎橋ブティック 移転リニューアルオープン


カルティエ(Cartier)は、2021年5月20日(木)、「カルティエ 心斎橋ブティック」を近隣に移転しリニューアルオープンいたしました。2000年にオープン以来、関西の旗艦店として長きにわたり大阪とともに歩んできた「カルティエ 心斎橋ブティック」は、最上のサービスとラグジュアリー体験を通してメゾンの真髄を象徴する場所として、装いも新たに生まれ変わりました。



インテリアデザインを手掛けるブルーノ・モワナーは、大阪の文化、歴史、自然環境とエレガンスを組み合わせ、空間を構成する細部にいたるまでこだわり、よりフェミニンでモダンな空間としてブティックに命を吹き込みました。曲線的な建物のエントランスから、桜の花びらにちなんだカラーを基調とするウィメンズエリアが広がり、大きなアートウォールに目を奪われます。これは日本人アーティスト安喜万佐子氏が手掛けた作品で、日本の伝統とカルティエとの出逢いを象徴しています。

大阪の長い歴史と共にある水をテーマとし、金箔によって浮かび上がる古代の海岸松を水鏡に映るように配置。現代の御堂筋の美しいイチョウがそれを包み込むように膠(にかわ)で描かれています。古来の表現を現代に引き継ぐ水のかたちをプラチナ箔で、そこに堂々と立つカルティエの象徴であるパンテールを焼き銀箔で表現、文様的かつ時空を旅する幻想性を呼び覚まします。

今回新たな取り組みとして、クロークならびBARカウンターを設置。Maison=家という名にふさわしく、お客様ひとりひとりに合わせたご要望を伺い、くつろぎと親密な雰囲気の中で、その方にふさわしい一点を見つけ出す唯一無二のひとときを提供いたします。

2000年、カルティエは、ハイジュエリーにおける成熟した日本市場の要請に応えるために、国内5店舗を “ハイエンド ブティック”と位置づけ、ハイジュエリーを常時ご覧いただける特別な店舗として展開しており、その1つが心斎橋ブティックです。

長い時を経て形成された石を素材に、継承された伝統とモダニティ、そしてあくなき好奇心をインスピレーションとする、それぞれの時代に呼応したタイムレスなデザインを常に生み出し続けるカルティエのハイジュエリー。サロンスペースの横に位置するプレステージエリアでは、3Dプリントした素材で覆ったドア、手作業で作り上げる壁紙、パネル細部に至るまで、カルティエのたぐい稀なクリエイションが最も美しく見えるよう、緻密にデザインされています。

そのほか、日本の伝統的な木工技術である組子を採用したウォールが印象的なユニセックスエリアやメンズアイテムやアクセサリーを取り揃えるエリア、そしてアフターケアを対応するカスタマーサービスなど、お客様からのあらゆるご要望にお応えするという、メゾンとしてのミッションを果たすにふさわしい空間が広がります。

ジュエリー、ウォッチをはじめ、レザーグッズや昨年本格的に展開をスタートしたフレグランス、インテリアを彩るオブジェやアクセサリーなど、幅広い製品を取り揃えたカルティエ 心斎橋ブティックにて、普遍の美を追求しつづけるカルティエの世界を巡る旅をお楽しみください。

カルティエについて
世界有数のラグジュアリーメゾンとして、オープンなマインドと好奇心の代名詞とも言えるカルティエは、そのクリエイションにおいて際立ち、美が存在するあらゆるところでその美を明らかにします。ジュエリーやファインジュエリー、ウォッチメイキングからフレグランス、レザーグッズやアクセサリーに至るまで多岐にわたるカルティエのクリエイションには、卓越した職人の技と時代を超越するシグネチャーが融合しています。カルティエは現在、世界各地に272近くのブティックを展開し、その存在感をますます高めています。


【関連記事】:見栄えが良く、トレンディなものは常に最も美しいあなたに属します

コメント一覧

ファッション製品関連情報 URL 2021年08月31日(火)18時48分 編集・削除

シャネルはカール・ラガーフェルドがデザイナーに就任してからもなお、世界中の女性たちを魅了し続けている。